八野生活介護センター (旧:八野ワークセンター)
    1982年9月 社会福祉法人伊勢亀鈴会 厚生省認可
    1983年4月 県下初重度身体障がい者収容授産施設 「八野ワークセンター」開所
    野呂昭彦厚生大臣秘書官 来所
    製造係(亀山ローソク)事業開始
    1984年7月 伊勢亀鈴会後援会 善意の章マーク公募
    1984年11月 野呂恭一厚生大臣記念植樹
    野村仲三郎鈴鹿市長(当時)記念植樹
    1988年2月 創立5周年記念誌発行
    1988年5月 野呂昭彦厚生大臣秘書官 来所
    1988年12月 韓国訪問 聖再園と友好提携12月7日)

    1989年1月

    鈴鹿市社協より大型バスを寄贈される
    1989年2月 タイ・バンコク視察団来所
    オーストラリアロータリーインタークラブ来所
    1989年8月 伊勢亀鈴会後援会よりログハウス「憩いの家」を寄贈される
    1989年12月 福祉サービス係事業開始
    台湾よりシャミカさん来所
    1992年2月 通所事業開始
    中国天津中医学院より楊育周先生来所
    1992年11月 坂口力労働大臣来訪(11月21日)
    1994年4月 福祉助葬センター事業開始
    1995年4月 印刷事業開始
    ロシア・イルクーツク市の施設へ車椅子5台寄贈
    ロシアよりポルキナ・オクサナさん来所
    1996年5月 松辰巳様よりクジャク6羽を寄贈される
    1996年9月 第一次印刷機器整備(国庫補助)
    1996年12月 天皇陛下より御下賜金伝達
    1997年2月 垣見浅一様より枝垂桜10本寄贈
    中国残留孤児受入(宋さん一家)
    1997年9月 創立15周年記念のつどい(鈴鹿市文化会館)
    社会福祉法人 弘仁会と友好提携
    陶芸クラブ(鈴鹿焼)開始
    1997年11月 大規模修繕(空調設備入替)
    [社会福祉施設の施設整備における国庫補助より]

    1998年4月

    三重葬祭事業開始
    鈴鹿西ロータリークラブへ感謝感謝状贈呈
    1998年11月 部友 発足
    産廃処理推進の日(環境奉仕)
    1999年1月 「きれい福祉ネットワーク」スタート
    1999年2月 中京テレビ「みたす号」贈呈式
    1999年4月 デザイン事業開始
    小林正人(経営企画室室長)鈴鹿市市議会議員初当選
    荒木光男(当時第2八野ワークセンター所長)・山本愛子・伊藤雅文・山下照雄 訪中 日中友好桜友の会
    1999年7月 国津園より電動車椅子寄贈
    1999年8月 元鈴鹿市長 野村仲三郎氏 胸像除幕式
    1999年9月 きれいかい営業部開設(社会就労振興)
    第二次印刷機器整備(日本自転車振興会補助)
    1999年10月 小林理事長有功章受章(日赤役員として)
    小林理事長厚生大臣表彰
    1999年11月 きんさん・ぎんさんグループ企画に招待
    2000年3月 印刷係 鈴鹿市広報落札
    福祉サービス係 鈴鹿市除草作業業務委託
    タイ・ロータリークラブよりオイ?ルさん来所
    2001年1月 ホームページ開設
    きれい福祉ネットワークテレビCM放送開始
    2001年3月 坂口力厚生労働大臣就任祝賀会(鈴鹿サーキット)
    繁田勉さん鈴鹿市文芸賞受賞
    2001年4月 ISO90001認証取得(障がい者施設で全国初取得)
    2001年8月 坂口力厚生労働大臣来訪(きれいジャズライン)
    2001年10月 理事長 三重県社会福祉大会にて功労表彰
    郵便弘済会東海本部より音響機器一式が寄贈される
    2002年4月 ISO14001認証取得(社会福祉法人全国初ダブ取得)
    鶏舎新築(20周年記念事業)
    コバタン・コンゴウインコ入舎(20周年記念事業)
    外壁改修工事(20周年記念事業)
    中国・無錫市へ車椅10台寄贈
    2002年5月 韓国聖再園 南理事長ご逝去により法人代表で小林良樹(当時 八野ワークセンター次長)告別式出席
    きれいホームヘルパーステーション開設
    きれい居宅介護支援事業開設
    2002年7月 七草インコ入舎(20周年記念事業)
    2002年8月 インドより留学生ジョシ・アバイさん受入
    2002年9月 オオハシ入舎(20周年記念事業)
    創立20周年記念のつどい(鈴鹿市文化会館)
    坂口力厚生労働大臣20周年記念のつどいに臨席
    不当要求防止責任者講習会開講
    2002年10月 第三次印刷機器整備(日本財団助成金)
    2002年12月 中国・無錫市人民対外友好協会訪日団視察(記念花壇)
    2005年5月 韓国社会福祉法人聖再園創立40周年記念式典参加
    2005年6月 韓国社会福祉法人聖再園南商堯常任理事法人訪問
    2005年9月

    全国社交飲食業代表者三重大会開催

    2008年 きれいサポートセンター開設
    きれいライフステーション開設
    2008年1月

    八野ワークセンター 新印刷工場工事開始

    2008年5月

    八野ワークセンター 新印刷工場完成

    2008年7月

    社会福祉法人伊勢亀鈴会 各事業所の事業移行開始

    2008年9月

    グループホーム空羅多ガーデン開所 (鈴鹿市稲生塩屋)

    2010年4月

    きれい福祉会館白子グランドオープン

    2012年4月

    きれい福祉会館鈴鹿南グランドオープン

    2013年4月

    「八野生活介護センター」に改称

    八野就労支援センター (旧:第2八野ワークセンター)

    1991年4月

    県下初・身体障がい者通所授産施設
    第2八野ワークセンター開所
    住友電装事業開始
    韓国よりイースーヒーさん他来所
    1992年2月 中央競馬社会福祉事業団よりマイクロバスが寄贈される
    1992年4月 分場第2八野ワークセンター開所
    リネン事業開始(ヤマシタコーポレーション)
    1993年9月 九州大隅授産センター・福岡コロニー視察
    1993年11月 坂口力労働大臣来訪
    1995年1月 中京テレビ(24時間テレビ)よりリフトバスが寄贈される
    1996年4月 分場きれいかい鈴鹿セルプ開所
    1996年10月 垣見浅一様より金孟宗寄贈
    1997年3月 野呂寛治様より北山杉寄贈
    1997年9月 社会福祉法人弘仁会と友好提携
    1997年10月 大型冷蔵庫、ドライフラワー乾燥機設置
    [授産設備近代化整備における国庫補助より]
    1997年11月 丸紅基金助成金贈呈式
    1998年4月 生花事業開始
    1999年1月 きれい福祉ネットワークスタート
    1999年8月 元鈴鹿市長・野村仲三郎氏胸像除幕式
    2001年3月 坂口力厚生労働大臣就任祝賀会(鈴鹿サーキット)
    2001年4月 ISO9001認証取得(障がい者施設で全国初取得)
    2002年2月 中京テレビ(24時間テレビ)より車輌寄贈
    2002年4月 ISO14001認証取得(社会福祉法人全国初ダブル取得)
    外壁改修工事(20周年記念事業)
    三重県社会就労センター協議会事務局設置
    2002年9月 坂口力厚生労働大臣20周年記念のつどいに臨席
    不当要求防止責任者講習開講
    2002年10月 リサイクル事業開始
    2003年4月 福祉の森の家 体にいいおにぎり屋開所
    2003年12月 ワゴンR導入(日本財団様より)
    2004年3月 マイクロバス納車(日本財団さまより)
    2004年10月 福祉の森の家 体にいいおにぎり屋 白子駅前開店セレモニー
    「小さな親切」運動本部による車椅子贈呈(三重県共同募金会さまより)
    全国障がい者スポーツ大会埼玉大会内田賢良ソフトボール投げ金・ハンドボール投げ銀獲得
    2005年3月 リフト付ハイエース納車(日本財団さまより)
    2005年4月 心身障がい者小規模作業所福祉の森の家 体にいいおにぎり屋開所
    2005年5月 韓国社会福祉法人聖再園創立40周年記念式典参加
    2005年11月 小林充理事長藍綬褒章受賞
    2006年10月 全国障がい者スポーツ大会報告会小野伯幸砲丸投げ金・ソフトボール投げ金獲得
    2007年2月 グループホームきれい開所式・おにぎり屋移転祝
    2007年4月 社会福祉法人伊勢亀鈴会  理事長に横山仁 就任
    2007年12月 創立25周年記念事業を伊勢市内にて開催
    2008年1月 八野ワークセンター 新印刷工場工事開始
    2008年5月 八野ワークセンター 新印刷工場完成
    2008年9月 グループホーム空羅多ガーデン開所 (鈴鹿市稲生塩屋)
    2010年4月 きれい福祉会館白子グランドオープン
    2012年3月 グループホーム亀山栗の木ビレッジ開所 
    2012年4月 きれい福祉会館鈴鹿南グランドオープン
    2013年4月

    「八野就労支援センター」に改称

    南勢就労支援センター (旧:南勢ワークセンター)
    1999年7月 南勢・志摩管内初知的障がい者通所授産施設 南勢ワークセンター開所
    薬袋・製袋事業開始
    2001年4月 ISO9001認証取得(障がい者施設で全国初取得)
    2001年8月 三重ブラザーMカセット製造事業開始
    2001年11月 天皇皇后両陛下地方事情ご視察にかかる行幸啓にて
    2002年4月 ISO14001認証取得(社会福祉法人全国初ダブル取得)
    2002年9月 創立20周年記念のつどい(鈴鹿市文化会館)
    坂口力厚生労働大臣20周年記念のつどいに臨席
    2002年10月 ジャム製造販売事業開始
    2002年11月 協力機関型ジョブコーチ開始
    2002年12月 中央競馬馬主社会福祉財団助成金によりマクロバス購入
    2003年4月 わくわくジャム販売開始
    2003年6月 三重葬祭展示会開催(伊勢市藤里団地集会所)
    2004年10月 日中友好団来所
    2004年2月 三重葬祭伊勢営業所開店
      三重葬祭会館「きれいホール伊勢」特別内覧会実施
    2005年4月 心身障がい者小規模作業所 第2南勢ワークセンター開所
    2005年11月 全国障がい者スポーツ大会 西出五月(DFディスタンス)金メダル
    高橋小百合(DFアキュラシー)銅メダル獲得
    2005年3月 マイクセット寄贈(日本特殊陶業労働組合伊勢支部様より)
      わくわくジャムHACCP(ハサップ)認証取得
    2007年4月、6月 きれい訪中結団式
    第20回福祉の森まつり参加(深谷公園)
    県ふれあいスポレク大会参加 1泊キャンプ(朝明茶屋キャンプ場)
    県スポーツ大会参加
    第5回4施設対抗大運動会参加
    第14回福祉の杜まつり開催
    中国無錫市職員視察訪問
    第12回「障がい者の日」記念
    てくてくマラソン大会参加コンテナ倉庫設置
     (県共同募金会様より)
    2013年4月

    「南勢就労支援センター」に改称

    宮の里ミタスメモリアルホーム
    1993年7月 南勢志摩地域県下初身体障がい者療護施設宮の里ミタスメモリアルホーム開所
    1993年10月 選択メニュー開始
    1993年12月 喫茶室オープン
    クラブ活動開始(生花・ワープロ・将棋・書道)
    1995年4月 グループワーク開始
    1995年11月 中日新聞社会事業団よりミニハンディキャブ寄贈
    1997年10月 社会福祉法人弘人会と友好提携
    1998年2月 中央競馬馬主社会福祉財団助成金によりリフト付マイクロバス購入
    1998年6月 リハビリ110番(無料介護相談室)開設
    通所静養室竣工
    5周年記念植樹祭
    1998年8月 通所B型開設
    1999年1月 きれい福祉ネットワークスタート
    1999年5月 鈴鹿クリーンセンターよりクジャクを寄贈される
    2001年4月 ISO9001認証取得(障がい者施設で全国初取得)・玉城町桜まつり
    2001年10月 宮の里ホームヘルパーステーション開設・宮の里居宅介護支援事業所開設
    配食サービス事業開始
    2001年11月 天皇皇后両陛下地方事情ご視察にかかる行幸啓にて玉城わかば学園ご視察
    により宮の里所員・職員一同ご歓迎
    2001年12月 NPO法人車椅子社交ダンス普及会三重支部クローバーの会来所
    2002年4月 ISO14001認証取得(社会福祉法人全国初ダブル取得)・玉城町桜まつり
    2002年9月 坂口力厚生労働大臣20周年記念のつどいに臨席
    2004年10月 日中友好団来所
    2004年11月 〔小さな親切〕運動本部による車椅子寄呈
    2005年5月 韓国社会福祉法人聖再園創立40周年記念式典参加
    2005年6月 韓国社会福祉法人聖再園南商堯常任理事法人訪問
    2006年10月 デイサービスが生活介護に移行
    2006年11月 入浴機器「チェアーインバス設置(中央競馬財団様より)」
    第2南勢就労支援センター
    2013年10月 多気郡明和町に 第2南勢就労支援センター開所

社会福祉施設で全国初W取得

お問い合わせtel.059-378-888

お問い合わせフォーム


社会福祉法人伊勢きれい会

伊勢きれい会は、障がいなどの理由により、一般企業に雇用されることが難しい人たちが、リハビリや職業訓練も含めて働き、社会参加を実現している社会福祉施設です。ここでは、一人ひとりの個性や能力に合わせて自立生活するための作業や訓練を行っています。